眠れない時は

こんにちは

relax room jojomoです。

 

お客様からよくある相談で

夜中に目が覚め睡眠が浅いので

日中に覇気がない生活が続くのが辛い

というお悩み。

 

女性は母親になったその日から

睡眠の時間が取れなかったり

夜中に何度も起こされたり。

 

 

独身時代とは比べ物にならないくらい

睡眠時間がなくなりますよね

 

 

特に新生児を抱えるママは

毎日毎日起きてるのか

寝てるのか意識が朦朧とした中で

家事と育児をこなさなくては

いけないというプレッシャー(

 

 

わかります

わかります(

 

 

そこで

睡眠不足による影響と

睡眠の質を上げる簡単()な方法を

調べてみました。

 

 

睡眠不足が続くと日中の活動の質が

落ちてしましますね。

 

 

仕事や家事にも集中できず

だらだらと時間だけが過ぎてしまいます。

 

 

また、感情面でもイライラしたり

落ち込みやすくなったりします。

 

 

睡眠不足になると脳内の感情のコントロールを

する部分の働きが弱くなるそうです。

 

 

さらに恐ろしいのが、

睡眠不足の人はうつ病になる可能性が

指摘されているということ。

 

 

うつ病になってしまうと

もう家事や育児、仕事が~

なんていってる場合じゃなくなってしまう・・・

 

 

そうなる前に

しっかり睡眠とりましょ~^^

 

 

睡眠の質を上げるには

体内時計をリセットすること

大事なんだそうです。

 

 

まずは起きたら太陽の光を浴びる

そして少しでもいいから

朝食を食べる

これが体内時計をリセットするのに

有効な方法です。

 

 

その他には、

睡眠時間の2時間前に湯船に浸かること。

40度の湯船に15分浸かり

しっかり体温が上げましょう。

 

元の体温まで戻るまでに

そして約90分には

元の体温に戻るそうです。

 

 

その90分後のタイミングで眠ると

ぐっすりと眠れるそうな。

 

 

続いて夜はスマホやパソコンは見ないこと。

 

これは子供が寝た後にしか

自分の時間が作れない人には辛い…。

 

でも、睡眠ホルモンは

光に刺激されるので

夜にブルーライトで

目を刺激するのはNGなんだと。

 

 

お次はα波を放出する音楽や自然音が流れるサウンド流すこと。

完全無音の室内より

自然の音やリラックス作用のある

音楽を流した方が寝つきが良くなるそうです。

 

徐々にボリュームが小さくなったり、タイマー機能がある

スマホアプリもあるので、気軽に取り入れられますね。

 

 

そしてリラックス効果のあるアロマを炊くこと。

嗅覚は快眠効果が高い感覚なので

寝室にアロマを炊くと良し。

 

精油の香りを嗅いだ瞬間のふわーっとした感覚が

脳を鎮静させ、すーっと眠ることができます。

 

精油を芳香に使う場合は3歳未満の赤ちゃんでも

使用可能ですのでご安心を。

精油はラベンダーやカモミールがおすすめです。

 

ティッシュペーパーに精油を一滴垂らして

枕元に置くだけでも良し。

 

 

まあまあたくさん書いてしまいましたが

簡単と思うのも難しいと思うのも

人ぞれぞれですね。

 

 

そもそも新生児を抱える女性にとっては

こんな浅はかなネット情報よりも

旦那様やご家族に協力をしてもらうこと、

そのための日頃の人間関係作り

重要なのかなーなんて。

 

 

結論

睡眠不足からくる病気にならないためには

睡眠時間の確保を家族に協力してもらう関係づくり

睡眠時間が取れない場合は質を高める意識

 

 

眠れない~とお悩みの方が

少しでも熟睡できますように。

relax room jojomo 神谷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です